動画審査

動画審査について

ベーテン音楽コンクールでは、昨今の感染症により会場での審査に不安を感じる方や遠方の会場に出向くのが難しい方でも、審査を通して音楽を学ぶ楽しさや目標を持つことができるように動画での審査を実施しています。

審査はYouTubeの動画投稿機能(限定公開)を利用し、審査員のみが閲覧できる状態で行います。

会場審査から動画審査への変更や、会場審査とは異なる点がございますので下記内容をご参照ください。

参加規定

  • 参加資格は会場審査の各コース・部門・部の規定に準じます。
  • 各コースの会場審査と並行して参加可能です。
    • 参加可能な回数は会場審査と動画審査で別枠扱いとなります。
    • 例) 地区予選で会場審査2回、動画審査2回の参加申し込み など
  • 参加料は会場審査の各コース・部門・部と同額になります。

会場審査から動画審査への変更

新型コロナウィルス感染症等による会場審査から動画審査への変更を受付いたします。
ただし昨年度までとは異なり、一度動画審査に変更すると、その年度の大会終了まで会場審査での参加ができなくなることがございます。

会場審査1回の申込みを動画審査に変更した場合

  • 地区予選、地区本選ともに動画審査への変更をした時点で会場審査への参加ができなくなります。
    • 動画審査で通過(次の大会に進出)している場合、それ以降は動画審査のみでの参加となります。

会場審査2回の申込みのうち1回を動画審査に変更した場合

地区予選、地区本選といった区分の中で、会場審査を一度でも通過していないと次の区分から会場審査に参加ができなくなります。

  • 地区予選、地区本選ともに会場審査を通過(次の大会に進出)している場合、動画審査の結果を問わず会場審査での参加を続けることができます。
    • 例)地区予選会場審査の1回分で地区本選に進出、もう一方の参加は動画審査に変更とした場合、地区本選は動画審査の結果を問わず引き続き会場で参加することが可能です。
  • 地区予選、地区本選ともに会場審査を通過(次の大会に進出)していない場合、動画審査の結果を問わず会場審査での参加ができなくなります。
    • 動画審査のみで通過(次の大会に進出)している場合、それ以降は動画審査のみでの参加となります。

会場審査2回の申込みのうち2回とも動画審査に変更した場合

  • 地区予選、地区本選ともに動画審査への変更をした時点で会場審査への参加ができなくなります。
    • 動画審査で通過(次の大会に進出)している場合、それ以降は動画審査のみでの参加となります。

参加可能回数

  • 地区予選ではピアノ部門は2回、弦楽器部門は1回審査を実施します。
  • 地区本選ではピアノ部門・弦楽器部門ともに1回審査を実施します。
  • 地区大会ではピアノ部門・弦楽器部門ともに1回審査を実施します。
  • 全国大会ではピアノ部門・弦楽器部門ともに1回審査を実施します。
  • いずれも会場審査の参加可能回数にはカウントされません。

動画審査参加の流れと表彰について

自由曲・バロックコース

予選動画審査

最優秀賞・優秀賞・優良賞・奨励賞の賞状を授与します。
最優秀賞・優秀賞・優良賞の方は本選動画審査に参加可能です。

1st
本選動画審査

最優秀賞・優秀賞の賞状と楯、優良賞・奨励賞の賞状を授与します。
最優秀賞・優秀賞の方は全国大会動画審査に参加可能です。

2nd
全国大会動画審査

金賞・銀賞・銅賞の賞状とメダルを授与します。
また、動画審査では審査員の講評をお渡しします。
※全国大会動画審査にてご入賞された方は受賞者記念演奏会へはご出演いただけません。

Final

課題曲コース

予選動画審査

金賞・銀賞・銅賞・奨励賞の賞状を授与します。
金賞・銀賞・銅賞の方は本選動画審査に参加可能です。

1st
本選動画審査

金賞・銀賞・銅賞の賞状と楯、奨励賞の賞状を授与します。
金賞・銀賞・銅賞の方は地区大会動画審査に参加可能です。

2nd
地区大会動画審査

金賞・銀賞・銅賞の賞状と、メダルもしくは楯を授与します。
また、動画審査では審査員の講評をお渡しします。
※地区大会動画審査にてご入賞された方は受賞者記念演奏会へはご出演いただけません。

Final

アップロード方法と撮影時の規定

動画のアップロード方法や撮影時の規定につきましては5月中旬頃よりウェブサイトにて公開します。
また、参加票の送付時に併せて撮影・投稿マニュアルを同封します。

注意事項

  • 地区予選・地区本選・全国大会それぞれ、同一曲または異なる選曲でも参加可能です。
  • 自由曲コースでは、演奏する曲順は申込時の順番でなくても構いません。
  • 自由曲コース、バロックコースの演奏曲のリピートの有無は任意となります。
    課題曲コースでは会場審査と同様に指定通りに演奏してください。
  • 審査時間より短い曲でも審査には影響ありません。
  • 審査時間を超える場合は規定の時間以降の演奏は任意となります。タイマーなどを用いて演奏をカットしていただいても、最後まで演奏していただいても審査には影響ありません。(演奏そのものの評価となります)
  • 申込時に記載する演奏時間は実際の演奏時間をご記入ください。(複数曲の曲間は含みます)
  • 組曲からの抜粋は任意です。変奏曲からの抜粋は任意ですが、主題(テーマ)は演奏してください。
  • 自作曲・創作曲でのご参加はできません。
  • 申込後の演奏曲の変更はできません。必ずご確認の上お申し込みください。
  • 全ての大会において暗譜での演奏となります。
    • 大学・院生(一般)B、一般B(Ⅰ・Ⅱ)、一般C(Ⅰ・Ⅱ)、大学・一般B、連弾の部は楽譜視奏が可能です。
    • それ以外の部での視奏は大幅な減点もしくは失格となります。
  • ソナタの再現部以降をカットする場合は、申込時の曲名に(再現部以降省略)とお書き添えください。
  • 大学・院生(一般)B、一般B(Ⅰ・Ⅱ)、一般C(Ⅰ・Ⅱ)に該当する方は、大学・院生(一般)A、一般A(Ⅰ・Ⅱ)の該当する学年・年齢の部に参加することも可能です。
  • 申込みと演奏曲が異なる場合や、提出期限までに動画の提出がない場合は減点や審査対象外となります。
  • その他注意事項や規定は、アップロード方法と撮影方法の内容と共に公開します。